プロミスの在籍確認を完全解説!在籍確認なしや電話以外、いつのタイミングまで説明します

プロミス在籍確認 カードローン

「プロミスに申し込みしたいけど、在籍確認が不安・・・」

「プロミスの在籍確認ってなしにならないの?」

「電話以外の方法で在籍確認することはできるの?」

このようにプロミスの在籍確認が不安だと言う人は少なくありません。在籍確認は勤務先に電話があるため、「会社の人にプロミスへ申し込みしたことがバレるのでは?」と心配になってしまうんですね。

電話による在籍確認についてはプロミスだけではなく、カードローンでお金を借りる人にとってすべての人が不安になる確認作業と言ってもよいでしょう。

職場にバレること以外にも、次のような疑問や不安がある人も多いかと思います。

在籍確認の疑問や不安
  • どのような電話になるのか?
  • どのタイミングで電話があるのか?
  • 在籍確認で審査落ちするケースはあるのか?

そこでこの記事では、上記のような疑問や不安を解消すべく、プロミスの在籍確認について徹底解説しています。

当記事をお読み頂ければ、プロミスの在籍確認についての疑問や不安がすぐに解消でき、安心して申し込みができるようになります!

プロミスの在籍確認はなしにできないと知っておこう!

まず初めに、プロミスの在籍確認はなしにできないと知っておかないといけません。

プロミスが在籍確認をする目的は、「申込者は働いており、きちんと毎月返済していけるだけの収入があるか?」という点を確かめるためです。

そうしないと、収入がなく返済できる見込みがない人にお金を貸してしまうからです。

よって、プロミスは必ず在籍確認をするようにしています。ちなみに、在籍確認とは電話で行う方法が一般的ですが、電話以外の方法も在籍確認になります。

貸付側が一切在籍確認をとらなければ、申込者の申告でスコアリングが反映され、また、本来はそこまで返済能力がないのにもかかわらず、大きな限度額で融資をして貸倒になる可能性も出てきます。

このようなことになれば、正確な与信判断ができず誰もお金を貸さなくなってしまいます。

そのため、電話や電話以外の方法も含め、在籍確認を一切しない貸金業者はいないと思っておきましょう。

プロミス公式サイトはこちら>>

プロミス在籍確認は電話以外の方法も基本NG

インターネット上には、「プロミスは電話以外の方法で在籍確認ができる」という情報があります。

この点をプロミスに電話して確かめてみたところ、「在籍確認は基本的に電話でしております」という回答でした。

電話以外でOKになるケースも少なからずあるようですが、電話だと難しいケースなど、止むを得ない事情があるようなときのみのようです。

そのため、電話以外の在籍確認をするのは基本NGだと知っておきましょう。

プロミス在籍確認が電話以外の方法になるケースとは?

プロミスの在籍確認は基本的に電話になりますが、電話以外の方法になるケースは下記のような場合です。

電話以外の在籍確認になるケース
  • 電話で在籍確認をしたが明確に確認が取れなかった場合
  • 電話で在籍確認をしたが応対を拒否された場合
  • 正当な納得できる事情で電話がつながらない場合

プロミスで電話以外の方法で在籍確認するケースは、「先に電話で在籍確認をしている」ことが絶対条件です。

要するに、電話で在籍確認をしたものの、在籍している対応をしてもらえなかった、または電話対応自体を断られた場合になります。

ちなみに、在籍の電話時にはっきり対応してもらえなかったが、退職している可能性があった場合は、電話以外(書面等)での在籍確認は行ってくれません。

電話で本人が出るか、もしくは再度電話をして在籍確認がとれなければ審査落ちになります。

少しでも不審点があれば、電話以外の方法は必ず断られます。

プロミスの在籍確認は怖くない!内容はこんな感じ

在籍確認が避けられないと聞くと会社の人にバレることを警戒して、プロミスへの申し込みを躊躇してしまう人もいるでしょう。

しかし、プロミスの在籍確認は怖くありません。

特に消費者金融は借り手のプライバシー保護を重要しているため、在籍確認でプロミスとバレるようなことは絶対にしていません。

仮に在籍でそのような失敗をすれば、申込者からかなりのクレームが入るはずです。

貸金業法では、本人以外の第三者に借入の内容を告げてはならないとされており、在籍でプロミスとバレることは、これに抵触する恐れがあります。

このため、プロミス側もかなり慎重に電話をしているので、安心してもらっても大丈夫です。

プロミスの在籍確認の電話は「非通知・担当者の個人名」でされます。

プロミスの社名で電話してくることはないので安心してください。

もし会社が非通知拒否の設定だった場合は、番号を通知しますが、折り返しかけてきてもプロミスとわからない番号(もしもしや苗字しか言わない)なので、仮に番号通知をしたとしても、バレることはありません。

また、カードローンの在籍確認であることも申込者以外には明かしませんので、他人が対応してもプロミスからの電話だとバレてしまう可能性は非常に低いです。

とはいえ、どのような電話がかかってくるか具体的にわからないと、即日にお金を借りるとしても不安になるかと思います。

そこで次章より、プロミスの在籍確認がどのようになるかを、「申込者本人が電話に出た場合」と「申込者以外が電話に出た場合」に分けて解説していますので参考にしてください。

申込者本人が電話に出た場合

申込者本人が電話に出た場合は次のようになります。

プロミス担当者:「こちら山田と申しますが○○様(申込者)はいらっしゃいますでしょうか?」

申込者:「○○は自分です」

プロミス担当者:「(必ずフルネームを確認後)ご本人様でしたか。この度は当社へのお申し込みありがとうございました。これにてお勤め先の確認を終了とさせて頂きます」

上記のように簡易なものになるケースが多いため、早ければ1分もかからず完了します。

本人だと名乗った場合でも、プロミスは必ず本人かどうか、フルネームで確認をします。

もし、本人かどうか怪しい点がある場合は社名を名乗りません。

申込者以外が電話に出た場合

会社の上司や同僚など、申込者以外が電話に出た場合は以下のようになることが多いです。

プロミス担当者:「こちら山田と申しますが○○様(申込者)はいらっしゃいますでしょうか?」

会社の上司や同僚:「○○は現在席を外しております」

プロミス担当者:「左様ですか。それではまたご連絡させて頂きます」

上記のケースでも申込者が会社に在籍していることはわかるため、在籍確認されたことになります。

なお、電話に出た人が「どのようなご用件でしょうか?」と聞くこともあるでしょう。

そうした場合は「個人的な用件で」や「連絡を取りたかった」などと、プロのオペレータが上手に誤魔化してくれます。

先にお伝えしたように、プロミスの在籍確認であることは申込者以外には決して明かしませんので心配は入りません。

プロミス公式サイトはこちら>>

プロミスの在籍確認はいつくる?タイミングはココ

「プロミスの在籍確認はどのようなタイミングで、いつくるの?」こうした疑問がある人もいるでしょう。

申込してから会社にいると、いつ電話がかかってくるのか、そわそわしてしまいます。

プロミスの在籍確認がくるタイミングは以下であるケースが多いです。

①申し込み
②申込確認の電話
③審査
④在籍確認←ココ
⑤審査結果の連絡
⑥契約

プロミスの在籍確認は審査の最終段回にされるのが基本です。

在籍確認は電話でおこなうため手間がかかりますし、勤め先へ電話してまで「やっぱり融資できません」と言うのは、プロミスも避けたいと思っています。

なにより、一番クレームが発生する作業になるため、審査落ちが濃厚な人に電話するのはリスクしかないからです。

よって、まずは申込者が自社の融資基準を満たしているかを確認し、融資基準を満たした人のみに在籍確認をするようにしているのです。

このため、在籍確認の段階までいけばほとんど審査には通ったようなもの。

在籍確認に対応できれば、審査に落ちるようなことはほぼありません。

プロミスの在籍確認で審査落ちすることも・・原因と対処方法

可能性は低いですが、プロミスの在籍確認で審査落ちするケースもあります。

先にお伝えしたように在籍確認までいけば、プロミスの融資基準は満たしている可能性が高いため、在籍確認で審査落ちするのは非常にもったいないです。

そのため、在籍確認で審査落ちする原因と対処方法を確認しておき、在籍確認で失敗しないようにしてください。

何度電話しても繋がらない

在籍確認で審査落ちする理由として一番多いのが、何度電話しても繋がらないケースです。

原因は、「勤務先の電話番号を間違えた」「勤務先に誰もいないことが多い」など様々なものがあります。

プロミス側からすれば、会社の電話にずっと誰も出ないこと自体が不審点になってしまいます。

対処方法

対処方法は、まず「勤務先の電話番号は間違えないようにする」です。

次に「在籍確認の時間指定」をしておくのがおすすめです。

プロミスでは在籍確認の時間指定が可能なため、在籍確認の電話に対応しやすい時間帯に電話してもらうようにできます。

もし自分自身で在籍確認の電話に出れるのであれば、自分で出るのが一番手っ取り早い方法になります。

これはグレーな方法ですが、会社の電話に出れない事情がある場合は、転送するのも一つの手段です。

しかし、電話を転送していることがプロミスにバレると、審査落ちの原因になりかねないため、あまりおすすめはしません(電話の転送はバレることは少ないですが)。

他人が対応して「いません」と答えた

在籍確認に他人が対応した場合、「今はいません」を短縮して「いません」と答えてしまうことがあります。

そうすると、プロミス側は「会社にはそんな人はいない」と受取ってしまう可能性もあるのです。

「いない=退職済み」と判断されると、電話以外の方法で在籍確認も拒否されて審査落ちになる可能性が高いです。

対処方法

対処方法は、なるべく自分で在籍確認に対応するのが一番です。

先述した時間指定を利用し、自分で対応しやすい時間帯に電話してもうようにしましょう。

どうしても自分で対応できないときは、会社の人に自分宛の電話があるかもしれないことを伝えておき、次のように回答してほしいと頼んでおくのがおすすめです。

在籍確認の対応依頼方法
  • 席を外しているので出られない
  • 休みなので出社していない
  • 折り返し電話すると伝えて欲しい

要するに、会社に在籍はしているけど、現在は電話に出れないということがわかるように対応してほしいとお願いしておくということですね。

長期休暇中に申し込みした

長期休暇中に申し込みした場合、「返済能力が低下している可能性があり、返済していけるか不安がある」と警戒され、審査に落ちることがあります。

長期休暇中と申込者が申告しても、プロミス側は会社を休職している状態と判断します。

対処方法

長期休暇中に申し込みするのはなるべく避けたいです。

長期休暇中ということは、給料が出ていないため、休職中となにも変わりません。

プロミスから見れば無職の状態になりますので、高確率で審査落ちとなります。

とはいえ、お金を借りたいときは急いでいることが多いため、そうもいかないケースもあるでしょう。

可能性がある対処法としては、長期休暇が終わる日付をプロミスに伝え、会社の人にも在籍の電話で、「休暇中ですが、○月より出勤予定です」と答えてもらうことでしょう。

しかしながらその場合、「休暇が明けてから再度お申し込みしてください」と言われる可能性が高く、やはり休暇中は在籍の電話で審査落ちになってしまうでしょう。

虚偽申告が発覚した

虚偽申告が発覚した場合はほぼ確実に審査落ちになります。

プロミスは申込者の信用力をもとに融資するか決めますので、虚偽申告をするような人は信用力が低いと判断されてしまうからです。

また、虚偽申告したつもりがなくても、申込情報を間違えて申告したことが原因で虚偽申告を疑われ審査に通らないこともあります。

対処方法

申込時に申告する情報は、虚偽申告をせずに正直かつ正確に申告するようにしましょう。

間違いがないように申し込みを確定する前に、よくチェックしておくことも重要です。

信用貸でお金を貸すプロミスからすれば、虚偽申告する人間を信用するはずもなく、審査落ちは決定的になります。

仮に嘘の情報で借りられたとしても、融資後に虚偽申告が発覚すれば、プロミスから契約解除で一括請求をうける可能性があります。

くれぐれも嘘はつかずに申込しましょう。

プロミス公式サイトはこちら>>

アルバイトやパート、派遣社員の在籍確認はココに注意!

アルバイトやパート、派遣社員の人の在籍確認には注意点があります。

それを知らないと、プロミスからの電話だとバレてしまったり、在籍確認ができなかったりすることも・・・。

そこでこの章では、アルバイトやパート、派遣社員の在籍確認の注意点を解説しますので、確認しておいてください。

アルバイトやパートの注意点

アルバイトやパートの人の場合、正社員とは異なり本人に電話があることは稀です。

また、本人が電話を取ることが難しく、勤務先の店長や社員から取次いでもらう形になることが多いでしょう。

そのため、「何の電話だったの?」と聞かれるケースも多いです。

そのときに慌てた態度を取ってしまうと、「カードローンの在籍確認だな」と勘の良い人であれば気づくかもしれません。

よって、自分宛に電話があることを勤務先の店長や社員へ事前に伝えておくのがおすすめです。

カードローンの在籍確認とは言いたくないかと思いますので、「クレジットカードを作ったので電話がある」とでも言っておけばOKです。

クレジットカードや、自動車ローンなどは多くの人が利用しているので、特に不審がられません。

派遣社員の注意点

派遣社員の場合、在籍確認されるのは「派遣先」です。

本来は「派遣元」と「派遣先」両方に確認するのが好ましいのですが、派遣元は個人情報の関係で在籍等の電話に対応してくれないことがほとんどです。

また、仮に派遣元に登録があったとしても、その人が派遣先に行っているかどうかは、派遣先に電話してみないとわかりません。

このことから、申込時に申告する勤務先の電話番号は派遣元の番号ではなく、派遣先の番号にした方がよいです。

2つ入力できるのなら、派遣先と派遣元の電話番号を入れておきましょう。

もし、派遣元の会社の担当者に電話があることを伝えられるのであれば、伝えて対応してくれるケースもありますので、可能ならば伝えておきましょう。

カードローンの在籍確認とは言いたくなければ、クレジットカードの在籍確認と言っても問題ありません。

プロミスの在籍確認で困ったら「プロミスコール」に電話しよう

プロミスの在籍確認で困ったり、疑問が出てきたりしたら、「プロミスコール」に電話して相談してみましょう。

プロミスコール
電話番号:0120-24-0365(女性専用ダイヤル:0120-86-2634)
受付時間:9:00~21:00

プロミスコールに相談すれば、在籍確認に対しての疑問に答えてくれますし、ある程度であれば要望に対応してくれることもあります。

例えば、「電話する時間を指定してほしい」「電話する人の性別を指定したい」などですね。

このため、在籍確認について相談したいことがあるなら、プロミスコールに電話するのがおすすめです。

在籍確認の電話をなしにするのは、かなり難しいですが、100%無理ではありません。

というのも、在籍確認を嫌がる人の多くが実は会社を退職しているまたは、休職しているのがほとんどだからです。

なので、プロミスに在籍確認の相談をする場合は、退職・休職している可能性がないと、まずは思わせなければなりません。

そうするには、申込前に相談してもまずは無理です。

自宅情報、会社情報すべて入力したうえで、申込後にすぐにプロミスコールに電話をしてみましょう。

プロミス在籍確認のまとめ

プロミスに申し込みすると在籍確認があり、勤務先へ電話がかかってきます。

そしてこの電話での在籍確認は原則なしにすることはできません。

電話以外の在籍確認の方法もありますが、それは会社に電話をしたが、在籍がはっきり確認できなかった場合になります。

そのため、会社には必ず電話で確認が入ると思っておきましょう。

しかしながら、プロミスの在籍確認は怖いものではありません。

電話は「非通知・担当者の個人名」でされ、申込者以外には社名やカードローンの在籍確認であることは明かしませんので、他人バレしないようにかなりの配慮がされています。

電話内容も在籍していることが確認できたらすぐに終了しますので、早ければ1分もかからず終わります。

このため、プロミスの在籍確認を恐れる必要はないのです。

会社の人にバレる心配は不要ですので、在籍確認を怖がらず安心してプロミスに申し込みしてください。

そして、在籍確認に関しての依頼は、必ず申込した後にプロミスコールに連絡して相談しましょう。

申込前に電話をしても、どのような内容の人かわからなければ、プロミスはマニュアル通りの対応しかできません。

もし、与信が高い(申込内容が非常によく、信用情報も問題がない)人であれば、僅かな確率ですが、希望を叶えてくれるかもしれません。

プロミス公式サイトはこちら>>

※本記事はFIS-Money Knowledge-(ドメイン所有者:株式会社FISソリューションズ)と提携する企業のPR情報が含まれます。
※本記事で掲載する内容は一般的な情報提供を目的としており、ローン商品提供事業者との契約締結における代理や媒介、斡旋をするものではありません。
※本記事に掲載されているカードローン等のローン商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各金融機関へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※本記事は可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※金融商品のお申し込みはご自身で各金融機関のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。
※当社本メディアへのご意見やご指摘に関してはお問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。