20万円~30万円借りたいときのおすすめ方法は?即日借りるベストな手段を解説

20万円30万円借りる方法 カードローン
本ページはプロモーションが含まれています。

「どうしても明日までに20万借りたい。」「急に20万~30万のまとまったお金が必要になった..。」

そんなお金の悩みを抱えている人は多いかもしれません。

即日でお金を借りたい人には、消費者金融でお金を借りる方法がおすすめです。

消費者金融は、即日融資が可能で無利息で借りられたりするメリットがあります。一方、なるべく金利を抑えて借りたいなら銀行カードローンや公的融資が向いています。

20万円、30万円借りるフローチャート

この記事では、20万~30万のお金をまとめて借りたい人に、おすすめの借入方法を詳しく解説します。

  1. 20万円や30万円を借りたいときの方法一覧
    1. 20万円や30万円を借りたいときの方法一覧
  2. 大手消費者金融なら20万円~30万円を無利息で借りられる
    1. プロミスは初回借入れ後30日間無利息で20万円融資可能
    2. アイフルは急ぎの融資にも対応可能
    3. SMBCモビットは家族や職場に内緒で20万円が借りられる
    4. アコムは原則在籍確認なし※で借りられる
    5. レイクは20万円を借りても60日間無利息で借りられる
  3. 銀行カードローンでも20万円~30万円借入は可能
    1. 最短当日融資可能!「横浜銀行カードローン」
    2. 三井住友銀行カードローンは来店不要・郵送無しで申し込める
    3. 楽天銀行スーパーローンは楽天ユーザーにおすすめ
    4. 三菱UFJ銀行カードローンバンクイックはATM手数料無料が魅力
  4. アプリで20万円を借りたいならカードレスで契約のローンへ
    1. LINEポケットマネーなら必要な金額だけ借りられる
    2. オリックスマネーはカードレスで30万円の融資も可能
    3. dスマホローンはドコモユーザーなら金利優遇ありで利用できる
    4. メルペイスマートマネーは20万円までならメルカリアプリで借りられる
    5. auPAYスマートローンはauIDを持っていればカードレスで借りられる
    6. ファミペイローンは申し込みから審査までアプリだけで完結
  5. 定期預金や保険契約がある人向け20万円を借りる方法
    1. ゆうちょ銀行の自動貸付
    2. 審査なしで借りられる生命保険の契約者貸付
  6. 審査が不安なら公的融資で20万円や30万円を借りる
    1. 総合支援資金を福祉事務所で相談する
    2. 無職なら求職者支援訓練を利用してお金を借りる
  7. クレジットカードのキャッシング枠があるなら無審査で借りられる
  8. 専業主婦が20万円を借りたいなら中小消費者金融
  9. 学生が20万円借りるなら学生ローン
  10. 20万円を借りたいけど返済が不安ならリサイクルショップや質屋を利用する
  11. 利用目的が決まっているなら銀行や信販会社の目的ローン
  12. 20万円や30万円を借りたい人が利用してはいけない金融業者
    1. 個人間融資は闇金が運営しているため利用してはいけない
    2. クレジットカードの現金化は規約違反
    3. 給与ファクタリング
    4. 無審査や激甘審査で借りられるローンは違法業者の可能性大
  13. 20万円~30万円借りたいときのおすすめ方法のまとめ

20万円や30万円を借りたいときの方法一覧

20万30万借りたい
20万~30万を一度に借りたいときの方法を以下にまとめてみました。

20万円や30万円を借りたいときの方法一覧

方法 メリット デメリット
消費者金融から借りる ・即日融資可能
・無利息期間がある
銀行カードローンより利息が高い
銀行カードローンで借りる 消費者金融に比べ低めの上限金利 融資開始まで最短当日~数日かかる
定期預金や保険の契約者貸付から借りる 低金利で借りられる 利用できる人が限定的
公的融資でお金を借りる 無利子、保証人なしで利用できる 融資開始までに時間がかかる
クレジット付帯の
キャッシングサービスで借りる
すぐに現金化できる ショッピングの利用可能枠が減る。
借入枠がないと利用できない
質屋で現金化する 審査がない 利息が払えないと質流れになる
リサイクルショップで現金化する その場ですぐに現金化できる 希望通りの査定額ではない可能性がある

大手消費者金融なら20万円~30万円を無利息で借りられる

消費者金融
すぐに20万を借りたい場合は、大手消費者金融を利用する方法があります。

借りる期間によっては、無利息で利用できます。また初めての借入れの場合、消費者金融なら20万円~30万円を収入証明書不要で借りれることがほとんどです。

消費者金融のメリットは下記の4点です。

消費者金融のメリット
  • 即日借り入れができる
  • 無利息キャッシングが利用できる
  • 保証人や担保が不要
  • 大手消費者金融カードローンならアプリやWEBだけで手続きが完結する

プロミスは初回借入れ後30日間無利息で20万円融資可能

プロミス
プロミスは、初回の借入れから30日間無利息で融資を受けられ、一度にまとめて20万円の借入れも可能です。

プロミス審査は最短15秒事前審査(※事前審査結果ご確認後本審査が必要。新規契約のご融資上限は本審査により決定)、本審査でも最短20分とスピーディーな融資が可能です。

また、審査に通過できれば最短10秒で振込キャッシングも利用できるため、急いでお金を借りたい方におすすめです。

WEBやコンビニATMから、簡単に借入れや返済ができるメリットもあります。

そのほか、女性専用のカードローンもありカードローンの利用がはじめての女性でも利用しやすい環境が整っています。

プロミスカードローンの特徴
申込対象 ・年齢18歳~74歳
・安定した収入があること
限度額  最高500万円
貸付金利(実質年率)  4.5~17.8%
審査スピード  最短20分(お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます)
即日融資  可能
無利息キャッシング  あり(初回借入後翌日から最大30日間)

プロミス公式サイトはこちら>>

アイフルは急ぎの融資にも対応可能

アイフル
アイフルの最大の特徴は急ぎの融資にも対応が可能な点です。

急いでいるときだからこそ早く審査にも通りたいものです。

アイフルは、Webからの申し込み後に電話すれば、審査時間をさらに短縮してもらえます。

9:00~21:00の間に申し込んでコールセンターに「急いで欲しい」と電話すれば、優先して審査をすすめてくれます。

また、ホームページで事前に電話の混雑状況も確認できるため、急いでいるときには本当に頼りになるカードローンです。

また、アイフル審査は原則「電話での在籍確認なし」としているカードローンです。

20万円を借りるだけで職場に電話がかかってくることは、できれば避けたいものです。

アイフルの利用がはじめてなら、契約日の翌日から30日間無利息でキャッシングできる点も評価したいポイントといえます。

アイフルカードローンの特徴
申込対象 ・満20歳以上70歳未満
・定期的な収入があること
・返済能力を有していること
限度額  最高800万円*
貸付金利(実質年率)  3.0~18.0%*
審査スピード  最短20分*
即日融資  可能
無利息キャッシング  あり(契約後最大30日間)

*お申込の状況によってはご希望に沿えない場合がございます。
*貸付条件はリンク先の公式サイトをご確認下さい。

アイフル公式サイトはこちら>>

SMBCモビットは家族や職場に内緒で20万円が借りられる

モビット
SMBCモビットでは、家族や職場に内緒で20万円を借りられます

SMBCモビットには、申し込みがインターネットで完結する「WEB完結申込」があります。

原則、電話による本人確認や在籍確認がないので、会社や家族に知られずに借りられます。

そのほかにも200円の利息を返済するごとにTポイントが1P貯まるため、Tポイントを貯めたい方にもおすすめです。

SMBCモビットの特徴
申込対象 ・満20歳~74歳
・安定した定期収入のあること
限度額  最高800万円
貸付金利(実質年率)  3.0%~18.0%
審査スピード  最短30分*
即日融資  可能*
無利息キャッシング  なし

*最短即日融資は申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット公式サイトはこちら>>

アコムは原則在籍確認なし※で借りられる

アコム在籍確認なし
アコムは原則、在籍確認なし※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施しています。

申し込みから融資まで最短20分のスピードと、トップクラスの知名度で安心・安全に利用できることがメリットです。

はじめてのご利用時は契約日の翌日から30日間無利息サービスになります。

アコムの特徴
申込対象 ・20歳以上
・安定した定期収入のあること
限度額  最高800万円
貸付金利(実質年率)  3.0%~18.0%
審査スピード  最短20分
即日融資  可能
無利息キャッシング  あり(契約日の翌日から30日間無利息)

アコム公式サイトはこちら>>

レイクは20万円を借りても60日間無利息で借りられる

レイク
レイクには、一度に20万円を借りられて60日間は利息が0円となるサービスがあります(WEB申し込み限定)。

このほかにも、お借入額の5万円までなら180日間無利息で借りられるサービスもあります。

しかし、2つの無利息サービスは、どちらかしか選ぶことができないので注意が必要です。

レイクは、無利息期間が長くサービスも充実しているので、利用しやすい消費者金融として人気です。

審査の時間は最短で15秒、WEBで最短25分融資可能と早く借りたい方にはおすすめです。

申込みもスマホで完結でき、カード発行などの手間もかからずお金を借りられます。

レイクカードローンの特徴
申込対象 ・満20歳~70歳
・安定した収入のあること
・国内居住者
限度額  最高500万円
貸付金利(実質年率)  4.5~18.0%
審査スピード  最短25分
即日融資  可能
無利息キャッシング  あり(契約後30日の無利息)
レイク無利息注意点
  • 60日間無利息(Web申込み限定)、5万円まで180日間無利息(契約額1万円~200万円まで)、30日間無利息の併用はできません
  • 新生フィナンシャルで初めて契約いただいた方が対象。60日間無利息はWeb申込みの方で契約額が1~200万円の方のみ
  • 無利息開始日は契約日の翌日から。借入れ日の翌日からではありません
  • 契約額が200万円超の方は30日間無利息のみ(30日間無利息は契約額1万円~500万円まで)
  • 無利息期間中も返済日があります。借入れ後の返済日を確認ください
  • 返済日はレイクの会員ページ、新生銀行カードローンATMの利用明細書、契約時の書類で確認ください
  • 無利息期間中に返済が滞った場合、無利息期間が終了となり返済日の翌日以降の遅延損害金及び利息負担となります
  • 無利息期間終了後は通常金利適用となります
  • Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できる
商号 新生フィナンシャル株式会社
ご融資額 1万円~500万円
ご利用対象 満20歳~70歳
(国内に居住する方、日本の永住権を取得されている方)
貸付利率(実質年率) 年4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高によって異なります。
遅延損害金 年20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数 最長5年・最大60回
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類 運転免許証等
収入証明(契約額に応じて新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)
担保・保証人 不要
貸金業登録番号 関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

銀行カードローンでも20万円~30万円借入は可能

20万円から30万円借りる銀行カードローン
銀行カードローンでも20万円~30万円借りることは十分に可能です。

2023年7月頃から銀行カードローンでも最短当日審査結果可能となり、一部の銀行では最短当日融資もできるようになっています。

それに加えて、銀行カードローンの金利は銀行水準になっているため、安心してお金を借りられるメリットがあります。

「なるべく利息を抑えて借りたい人」には、銀行カードローンはおすすめの借入方法といえるでしょう。

最短当日融資可能!「横浜銀行カードローン」

横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローンは、神奈川県、東京都、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市のみ)に居住またはお勤めの方におすすめのカードローンです。

横浜銀行の口座なしでも申込可能で、審査時間は最短即日、ご契約と同時に希望の口座へ振込融資ができるため、最短当日融資も可能になっています。

銀行水準の金利なので、消費者金融などの借入を一本化するおまとめローンとしても利用でき、借入・返済の提携ATM手数料は0円(ただし、横浜銀行ATM、コンビニ等ATM以外の提携金融機関ATMでのお借り入れには、所定の利用手数料が必要となります。)と非常に便利になっています。

横浜銀行カードローンの特徴
申込対象 次の条件をすべて満たす方
1.ご契約時満20歳以上69歳以下の方
2.安定した収入のある方、およびその配偶者
(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
3.次の地域に居住またはお勤めの方
・神奈川県内全地域
・東京都内全地域
・群馬県内の前橋市、高崎市、桐生市
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
・横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方
限度額  10万円~1,000万円
貸付金利(実質年率)  年1.5~年14.6%
審査スピード  最短即日
即日融資  最短当日*
無利息キャッシング  なし

横浜銀行カードローン公式サイトはこちら>>

三井住友銀行カードローンは来店不要・郵送無しで申し込める

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローンは、来店不要・書類郵送なしで申し込め、最短当日審査回答可能な銀行カードローンです。

Webやローン契約機で手続きが完結できるので(※本人確認をオンラインでされた方はWEB完結が可能)、銀行の店舗に行ったり書類を郵送したりなど、面倒な手続きは不要です。

また、カードレス(※1)やローン契約機でカードを受け取れば郵送も回避できるため、プライバシーを守りたい人にもおすすめのカードローンといえます。

三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくても申し込める点は、メリットのひとつです。三井住友銀行に普通預金口座があれば、申込時の入力項目が少なくなるので、簡単に申し込みができます。

借り入れ(※2)は三井住友銀行のATMだけではなく、全国の提携コンビニATMの利用も可能です。

※1.三井住友銀行の普通預金口座をお持ちでない方、またWEBよりお申込みのお客さまで、本人確認をオンラインで行った場合に限り「カードレス」の選択が可能です。
※2.カードレスを選択の場合は(SMBCダイレクト)インターネットによるご利用となり、ATMはご利用いただけません。

三井住友銀行カードローンの特徴
申込対象 ・満20歳以上満69歳以下
・安定した収入がある人
・SMBCコンシューマファイナンス株式会社の保証が受けられる人
限度額  10~800万円
貸付金利(実質年率)  年1.5~年14.5%
審査スピード  最短当日*
即日融資  最短当日*
無利息キャッシング  なし

*申し込み完了後の確認事項や、本人の確認書類の提出状況によって異なる場合がございます。

三井住友銀行カードローン公式サイトはこちら>>

楽天銀行スーパーローンは楽天ユーザーにおすすめ

楽天銀行スーパーローン
楽天銀行スーパーローンには、楽天ユーザーにお得なサービスがたくさんあります。

特におすすめなのが、楽天ユーザーのランクによってカードローンの審査が優遇される点です。

ローン審査に不安のある方でも、楽天ユーザーなら優遇されることもあります。

また、利用限度額に応じて金利が下がるため、まとまったお金を借りたい人におすすめです。

さらに、楽天銀行スーパーローンではポイントキャンペーンも定期的に行われています。

利用額に応じてポイントの増額も期待できるので、普段楽天ポイントを貯めているユーザーはお得に利用できるでしょう。

楽天銀行スーパーローンの特徴
申込対象 ・満20歳以上62歳以下
・日本国内に居住している人
・安定した定期収入のある人
限度額  最高800万円
貸付金利(実質年率)  1.9~14.5%
審査スピード  最短翌営業日以降
即日融資  不可
無利息キャッシング  なし

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックはATM手数料無料が魅力

バンクイック
三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは、ATM手数料が無料でお得に利用できるカードローンです。

カードローンを利用するたびにATM手数料が発生するのはもったいないですし、意外にストレスがかかるものです。

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックなら、銀行ATMやコンビニATMの利用手数料が無料です。

20万円のまとまったお金を借りたい場合でも手数料がかからないので、気軽に借りられます。

Webからの申し込みならいつでも受付可能で、融資を受けるまでの時間も比較的早いです。

専用のアプリを使って三菱UFJ銀行の口座と連携すれば、借り入れや返済も簡単に利用できます。

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの特徴
申込対象 ・満20歳以上65歳未満
・国内に居住する人
・原則安定した収入がある人
・アコム株式会社の保証が受けられること
限度額  最高500万円
貸付金利(実質年率)  1.8~14.6%
審査スピード  最短翌営業日以降
即日融資  不可
無利息キャッシング  なし

アプリで20万円を借りたいならカードレスで契約のローンへ

20万円を借りたいなら、カードレスで、かつアプリだけで契約できるローンに申し込みましょう。

カードがないと借りられないカードローンだと、カードが届くまでの期間はお金が借りられません。

急いでいるときだからこそ、カードの到着を待つ時間さえも短縮させたいものです。

とにかく早く20万円や30万円を借りたいまら、アプリを使って申し込みができ、借入れまで完結できるアプリサービスを利用しましょう。

LINEポケットマネーなら必要な金額だけ借りられる

LINEポケットマネー
LINEポケットマネーなら、おなじみのLINEアプリで必要なお金だけを借りられます。

LINEポケットマネーの特徴は、以下のとおりです。

LINEポケットマネーの特徴

  • いつでも、必要なときに借りられる
  • 必要な分だけ借り入れや返済ができる
  • 手続きがすべて「LINE」上で完結する

LINEポケットマネーは、必要な分だけ借りられるので、借りすぎることもなく計画的に利用できるローンです。

また、最大の特徴として下記2つのプランが用意されており、自分に合ったプランを選択できます。

LINEポケットマネーのプラン
マイペースプラン スタンダードプラン
利用限度額  ~3万円  ~50万円
貸付利率(実質年率)  18.0%  3.0~18.0%
初回返済日(新規借入から)  最短6か月後  最短翌日以降
支払利息のキャッシュバック  なし  最大100日間
入金先  LINEPayのみ  LINEPayか銀行口座
増枠申請  不可  300万円まで

一度に20万円を借りたい場合は、スタンダードプランを利用しましょう。

スタンダードプランには、最大100日間の支払利息キャッシュバックサービスがあり、新規契約から100日間に支払った利息がLINEPayでキャッシュバックされる仕組みになっています。

このほかにも、スタンダードプラン利用者がアップグレードできる「プレミアムプラン」もあります。

LINEポケットマネーの特徴
申込対象 ・満20歳~59歳
・安定かつ継続した収入の見込めること
限度額  最高300万円
貸付金利(実質年率)  3.0~15.0%
審査スピード  審査結果まで1週間以上かかることもある
即日融資  不可
無利息キャッシング  なし

オリックスマネーはカードレスで30万円の融資も可能

オリックスマネー
オリックスマネーは、カードレスで30万円の融資を受けられます。

利用方法はとても簡単で、公式アプリ「ORIX MONEY」を使って申し込み、審査完了後にセブン銀行のATMからQRコードを読み取って操作すれば、簡単にお金を借りられます。

申し込みはWebやスマートフォンから、24時間365日申し込みが可能です。

オリックスマネーの最大の特徴は、最高800万円までの契約枠があることです。

各契約枠によって金利が変動し、自分に合った契約枠を希望できるのもオリックスマネーならではの特徴といえます。

また、オリックスマネーの利用者なら、オリックスグループ限定の特典サービスも利用できます。

オリックスグループの特典

  • オリックスレンタカーが優待価格で利用できる
  • カーシェアの特典
  • カーリースの新規契約でAmazonギフト券がもらえる
オリックスマネーの特徴
申込対象 ・満20歳以上64歳まで
・日本国内に居住
・毎月安定した収入があること
限度額  最高500万円
貸付金利(実質年率)  5.0~17.8%
審査スピード  最短60分
即日融資  可能
無利息キャッシング  なし

dスマホローンはドコモユーザーなら金利優遇ありで利用できる

dスマホローン
dスマホローンには、ドコモユーザーが利用できる金利優遇サービスがあります。

金利優遇サービス

  • ドコモの回線契約等…▲1.0%
  • dカードGOLD…▲1.5%
  • dカード…▲0.5%
  • 「スマー簿」利用(dスマホローン登録口座連携)…▲0.5%
    ※ドコモ回線と紐づくdアカウントで申し込む必要あり
    ※「スマート家計簿 スマー簿」の契約に紐づくdアカウントで申し込む必要あり

dスマホローンは申込から利用までスマホで完結でき、郵送での書類提出も不要です。

ローン契約後は、d払い残高への入金手続きも即時にでき、d払いを利用すればdポイントが貯まるサービスも適用されます。

ドコモユーザーにとっては、普段利用しているサービスと簡単に連携できるので、使いやすいローンといえます。

dスマホローンの特徴
申込対象 ・満20歳以上満68歳以下
・日本国内に居住する個人で安定した収入がある
・ドコモ回線を契約している人、またはdアカウントを保有している人
限度額  最高300万円
貸付金利(実質年率)  3.9~17.9%
審査スピード  即日可能
即日融資  可能
無利息キャッシング  なし

メルペイスマートマネーは20万円までならメルカリアプリで借りられる

メルペイスマートマネー
メルペイスマートマネーはメルカリアプリを使って、20万円までの借入れができます。

申込方法は簡単で、メルカリアプリから本人確認の手続きをとり、希望の借入額など入力して審査に進むだけです。

審査に通過できればメルペイ残高にチャージされるので、普段の買い物にも利用できるようになります。

また、メルペイスマートマネーには、初回利息分のポイント還元プログラムの特典もついています。

ポイント還元プログラムでは、はじめてメルペイスマートマネーを利用した人限定で、初回に限り返済した利息相当分のポイントが1回だけ還元されます。

普段からメルカリを利用している人にとっては、お得なサービスといえるでしょう。

メルペイスマートマネーの特徴

auPAYスマートローン

申込対象 ・満20歳~70歳
限度額  最高20万円
貸付金利(実質年率)  3.0~15.0%
審査スピード  即日可能
即日融資  可能
無利息キャッシング  なし

auPAYスマートローンはauIDを持っていればカードレスで借りられる

auPAYスマートローンなら、auIDを持っていればカードレスでまとまったお金を借りられます。

スマートフォンやパソコンからの申し込みなら、24時間365日申込可能なので、時間を気にする必要はありません。(審査は24時間対応ではありません)

借りたお金はauPAY残高にチャージでき、全国のauPAY加盟店で利用できます。

さらに、auPAYの利用でPontaポイントが貯まる特典もついています。

自分の都合に合わせた返済ができる点もメリットです。

auPAYスマートローンの返済方法

  • 口座引落し
  • セブン銀行スマホATMからの返済
  • 指定口座への振込み
auPAYスマートローンの特徴
申込対象 ・満20歳~70歳
・定期的な収入がある人
・現住所が国内の人
限度額  最高100万円
貸付金利(実質年率)  2.9~18.0%
審査スピード  最短30分
即日融資  可能
無利息キャッシング  なし

ファミペイローンは申し込みから審査までアプリだけで完結

ファミペイローン
ファミペイローンは、申し込みから審査までアプリだけで完結できるローンです。

ファミペイローンなら、20万円のまとまったお金も借入できます。

申し込みはファミペイアプリから可能で、必要事項を入力し運転免許証などの必要書類をアップロードするだけです。

審査結果もプッシュ通知でわかるので、スピーディーな手続きが可能です。

借りたお金はファミペイ残高にチャージもでき、ファミペイを使っての買い物も気軽にできます。

ファミペイローンでは、契約日から100日間に返済した利息が実質無料になるキャンペーンも実施されているので、返済負担をおさえた人にもおすすめです。

ファミペイローンの特徴
申込対象 ・満20歳以上70歳以下
・安定した収入がある人
限度額  最高300万円
貸付金利(実質年率)  0.8~18.0%
審査スピード  最短当日
即日融資  可能
無利息キャッシング  あり(契約日後最大100日間)

定期預金や保険契約がある人向け20万円を借りる方法

定期預金
「いますぐ20万円借りたいけど、高い利息のかかる消費者金融からは借りたくない」と思うなら、定期預金から借りる方法や保険からお金を借りる方法があります。

定期預金がある場合は、定期預金の残高を担保にしてお金を借りられます。

解約返戻金がある生命保険を契約しているなら、解約返戻金の範囲内でお金が借りられるかもしれません。

ゆうちょ銀行の自動貸付

郵便局
ゆうちょ銀行には、自動貸付のサービスがあります。

自動貸付サービスとは、普通預金の残高不足で引き落としや引き出しができない場合、定期預金の残高を担保に自動融資をしてくれるサービスです。

ゆうちょ銀行の自動貸付は下記3タイプです。

ゆうちょ銀行の自動貸付
  1. 定期預金や定額貯金などの貯金担保自動貸付
  2. 国債による自動貸付
  3. 財形貯蓄/財形住宅/財形年金による財産形成貯蓄による担保自動貸付

借りられる金額は担保の金額によりますが、貯金額の9割が借りられます。

たとえば定期預金に30万円を貯金している場合なら、27万円まで借りられる可能性があります。

自動貸付を利用したい場合は、事前の申し込みが必要ですが審査は不要です。

一度申し込みしてしまえば、いつでも借りることができます。

自動貸付の返済日は貸付日から2年、または2年以内に満期になる場合は満期日までです。

特に返済日が決まっていないので、返済の準備ができたら、入金しましょう。

しかし、借りた分だけ利息が発生する点には注意が必要です。

貸付金利

  • 担保定額貯金を担保とする場合…返済時の約定金利(%)+0.25%
  • 担保定期貯金を担保とする場合…預入時の約定金利(%)+0.5%

ゆうちょ銀行の自動貸付による金利は、各自動貸付によって多少違いはあるものの、消費者金融や銀行ローンと比べると低金利なのでおすすめです。

審査なしで借りられる生命保険の契約者貸付

生命保険を契約しているなら、契約者貸付を利用してお金が借りられる場合があります。

生命保険の契約者貸付とは、解約返戻金を担保にお金を借りる制度です。

解約返戻金とは保険会社に積み立てたお金のことで、保険が満期になったり解約したりするとお金が戻ってきます。

契約者貸付は、元々自分が積み立てたお金を担保にお金を借りるため、審査を受ける必要はありません

ただし、生命保険の契約者貸付には限度額があり、解約返戻金の全額が借りられるわけではありません。

また、契約者貸付は返済日や返済期間が決まっていないケースが多く、自分のタイミングで返済できる点も特徴です。

審査が不安なら公的融資で20万円や30万円を借りる

市役所
消費者金融のカードローンや銀行のカードローンの審査が不安なら、公的融資で20万円~30万円のお金が借りられます。

公的融資とは、公的機関が提供する融資のことで、日本政策金融公庫や地方自治体が扱っています。

事業に関する資金を借りたり起業資金を借りたいなら、公的融資を利用してみるのもよいでしょう。

総合支援資金を福祉事務所で相談する

ハローワーク
突然の失業や病気で働けないなど、生活するのが困難なら福祉事務所で総合支援資金の制度が利用できないか、相談してみましょう。

総合支援資金とは

「総合支援資金」は、失業などによって生活に困窮している人が、生活を立て直し、経済的な自立を図ることができるようにするために、社会福祉協議会とハローワークなどによる支援を受けながら、社会福祉協議会から、生活支援費や住宅入居費、一時生活再建費などの貸付けを受けられる貸付制度です。生活支援費は、生活を再建するまでの間に必要な生活費として、原則3か月間(最大12か月間まで延長可能)、月20万円までの貸付けを行うものです(単身世帯の場合は月15万円以内)。また、住宅入居費は、敷金、礼金など住宅の賃貸契約を結ぶために必要な資金として、40万円までの貸付けを行います。一時生活再建費は、就職活動や技能習得、家賃や公共料金などの滞納の一時立て替え、債務整理に必要な費用などについて、60万円までの貸付けを行います。
引用元:政府広報オンライン

仕事を辞めてしまい総合支援資金を利用したいなら、ハローワークで相談できます。

ハローワークで求職登録手続きを行い、支援金の手続きをすればお金が借りられます。

ただし、支援金が利用できるのは下記の条件に該当する人だけです。

貸付条件(1)低所得者世帯(市町村民税非課税程度)で、失業や収入の減少などによって生活に困窮していること
(2)公的な書類などで本人確認が可能であること
(3)現在住居のある人、または、住居確保給付金の申請を行い、住居の確保が確実に見込まれること
(4)法に基づく自立相談支援事業などによる支援を受けるとともに、社会福祉協議会とハローワークなど関係機関から、継続的な支援を受けることに同意していること
(5)社会福祉協議会などが貸付け及び支援を行うことにより、自立した生活を営むことが可能となり、償還を見込めること
(6)他の公的給付または公的な貸付けを受けることができず、生活費をまかなうことができないこと

資金援助を希望する場合は、相談窓口である市区町村の社会福祉協議会を訪ねてみてください。

申込みには書類準備も必要ですので、事前によく確認しておきましょう。

無職の人がお金を借りる方法は「無職でお金を借りる方法。無収入のニートでも借りるれるのか完全解説」で詳しく解説しています。

無職なら求職者支援訓練を利用してお金を借りる

無職の方なら、求職者支援訓練を利用して求職者支援資金融資を利用する方法があります。

求職者支援資金融資とは、職業訓練受講給付金だけでは訓練受講中の生活費が足りない場合に、融資を受けられる制度です。

貸付金額は月額5万、または10万×受講予定訓練月数です。

利用するには下記2つの条件を満たしている必要があります。

  1. 職業訓練受講給付金の支給決定を受けていること
  2. ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けていること

また、貸付利息は年率3.0%(信用保証料0.5%を含む)です。

具体的な申し込み方法は以下のとおりです。

求職者支援資金融資の申込方法
  1. ハローワークで確認申請を行います。
  2. 貸付条件を満たしていると判断された場合、求職者支援資金融資要件確認書が交付されます。
  3. 職業訓練受講給付金の支給決定を受けます。
  4. 求職者支援資金融資要件確認書、支給決定を受けたことが分かる書類(例えば、給付金支給記録
    の写し)など必要書類をハローワークが指定する労働金庫に持参して貸付の手続きをします。
  5. 労働金庫の審査に通過した場合、融資を受けられます。

引用元:厚生労働省公式サイト/求職者支援資金融資のご案内

クレジットカードのキャッシング枠があるなら無審査で借りられる

クレジットカードのキャッシングで20万円から30万円借りる方法
クレジットカードを持っているなら、キャッシング枠を使って無審査で20万円を借りられます。

クレジットカードには、あらかじめキャッシング枠が設けられています。

キャッシング枠とは、クレジットカードを使って現金を借入れできる枠のことです。

普段利用しているクレジットカードにキャッシング枠が付いている場合は、審査を通すことなくお金を借りられます。

キャッシング枠があるかどうかわからない場合は、クレジット会社の会員サイトや契約時の申込書などで確認しましょう。

キャッシング枠が付いていない場合は、カード会社にキャッシング枠の申し込みができます。

ただし、クレジットカードのキャッシングは貸金業法により「原則年収の三分の一」以上の借入れはできません

また、ショッピング枠を使い過ぎるとキャッシング借入額が減ることもあるため注意しましょう。

専業主婦が20万円を借りたいなら中小消費者金融

主婦が20万円借りたいなら中小消費者金融へ
専業主婦が20万円を借りたい場合は、中小消費者金融を利用しましょう。

中小消費者金融は、大手消費者金融に比べ柔軟な審査が可能な場合があり、専業主婦でも気軽にお金を借りられる金融会社が多くあります。

一例として、ベルーナノーティスの配偶者貸付があります。

配偶者貸付とは、専業主婦本人と配偶者の収入を合算し、年収の三分の一までの借入れはできる「総量規制の対象外貸付」です。

配偶者の了承が必要になりますが、夫婦同意のもとでお金を借りたいなら、利用してみる価値はあるでしょう。

専業主婦の借入れについては「専業主婦でもお金を借りれるカードローンとは?夫に内緒で借りる方法を詳しく解説」で詳しく解説しています。

参考

ベルーナノーティス配偶者貸付
https://www.b-loan.jp/guide/ladys/spouse/

学生が20万円借りるなら学生ローン

マルイ
学生が20万円を借りるなら学生ローンの利用がおすすめです。

学生は、授業料はもちろん参考書を購入したりイベントに参加したりと何かとお金がかかります。

学生ローンとは、その名の通り学生を対象とした融資サービスです。

学生が借りられるお金と聞くと奨学金のイメージが強いですが、奨学金と学生ローンは違います。

一番大きな違いが「使用目的の違い」です。

学生ローン 奨学金
使用目的 特になし 学生生活に関係した目的のもの
(進学・留学など)
返済 自由返済方式 ・給付奨学金(返済なし)
・貸与奨学金(返済あり)

学生ローンの良い点は、使用目的が限定されてない点です。

一方、奨学金の場合は学生生活に関係した目的でしか利用できません。

学生ローンを選ぶときは、正規の貸金業登録をしている安心できる業者を選ぶようにしましょう。

20万円を借りたいけど返済が不安ならリサイクルショップや質屋を利用する

質屋でお金を借りる
返済ができるかどうか不安なら、リサイクルショップや質屋を利用する手もあります。

リサイクルショップなら、電化製品から貴金属・ブランド品や日用品衣服など、あらゆる商品を買い取ってくれます。

特に貴金属やブランド品を持っている場合は、高額で買取りしてくれることもあります。

しかし、それぞれに買取相場が決まっており、買取価格が必要としている金額に満たない場合があるため注意しましょう。

一方、質屋を利用する方法もあります。

質屋は商品を一時的に預けてお金を借りるシステムです。

期限までに元金と利息分を払えば商品が戻ってきます。

「貴金属やブランドバックなど大切なものを売りたくないけどお金が必要」と思うなら、一度質屋の利用も検討してみてください。

利用目的が決まっているなら銀行や信販会社の目的ローン

銀行ローン
利用目的が決まっているなら、銀行や信販会社の目的ローンを利用する方法もあります。

銀行や信販会社には、カードローンとは別に目的に合わせたローン商品がそろっています。

目的ローンは、目的が決まっている融資のため、カードローンよりも低金利で借りられる点が特徴です。

ただし、利用目的を証明する書類が必要だったり、即日融資ができなかったりする点はデメリットといえます。

20万円や30万円を借りたい人が利用してはいけない金融業者

ここまで、20万円や30万円を借りるための方法を数多くご紹介してきましたが、なかには危険な金融業者もあります。

急いで借りたい気持ちはわかりますが、申し込む貸金業者が安心できる正規の業者かどうかは見極めるようにしましょう。

ここからは、お金を借りるときに絶対に利用してはいけない金融業者について解説します。

個人間融資は闇金が運営しているため利用してはいけない

個人間融資
個人間融資は闇金が運営しているため、利用してはいけません。

近年では、SNSやインターネットを使って、個人間でのお金の貸し借りの発信を多く見かけるようになりました。

お金を借りたい人に向けて、あたかも得になるような情報を流していますが、だまされてはいけません。

個人間融資は闇金がかかわっていることが多く、違法な融資です。

個人間融資のポイント
  • 個人であっても、反復継続する意思をもって金銭の貸付けを行うことは、貸金業に該当します。
  • 不特定多数が閲覧可能なSNS等で「お金を貸します」、「融資します」などと書き込んで、契約の締結を勧めることは、貸金業法の規定に抵触する場合があります。
  • 個人を装ったヤミ金融業者により違法な高金利での貸付けが行われるほか、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。

引用元:金融庁SNSを利用した「個人間融資」にご注意ください

クレジットカードの現金化は規約違反

クレジットカードの現金化は規約違反です。

クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を利用してカードで商品を購入し、すぐに転売して現金化する行為のことを指します。

日本クレジット協会のホームページでも注意喚起されています。

クレジットカード会社は、換金を目的とするクレジットカードの利用を認めていません。このことは、クレジットカード会社とカード会員との約束事である「クレジットカード会員規約」に記載されています。また、クレジットカードで現行紙幣・貨幣を購入することはショッピング枠の現金化に該当します。このようなことは、規約違反として、「残金の一括請求」、「カードの利用停止」、「カードの強制退会」等のペナルティを受けることにもなります。クレジットカードのショッピング枠を現金化しても、カード利用した代金はクレジットカード会社に支払わなければなりません。その場でいくらかの現金を手に入れたとしても一時的にしのげるだけで、結局は自分の債務を増やすことになります。
クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者に提供したカード番号や個人情報等が悪用されてしまうことがあります。場合によっては、利用者本人が犯罪に問われることやトラブルに巻き込まれることもあります。
(引用元:日本クレジット協会公式サイト

クレジットカードの現金化は、SNSや広告掲載などでも見かけることがありますが、違反なので安易に勧誘に乗らないようにしましょう。

給与ファクタリング

給与ファクタリングも法に触れる場合があります。

給与ファクタリングとは、給料日前に給料を買い取ってもらい現金化することです。

給与ファクタリングを使って融資をすることは貸金業に該当するため、サービス提供業者は貸金業登録が必要となるのです。

しかし、給与ファクタリングを提供している業者のなかには未登録の業者もあるため、トラブルが発生した場合には深刻なトラブルに巻き込まれるケースもあります。

給与ファクタリングなどと称して、業として個人(労働者)が使用者に対して有する賃金債権を買い取って金銭を交付し、当該個人を通じて当該債権に係る資金の回収を行うことは、貸金業に該当します。
貸金業登録を受けていないヤミ金融業者により、年率換算すると数百~千数百%になる手数料を支払わされたり、大声での恫喝や勤務先への連絡といった私生活の平穏を害するような悪質な取立ての被害を受けたりする危険性があります。また、高額な手数料を支払ってしまうと、本来受け取る賃金よりも少ない金額の金銭しか受け取れなくなるため、経済的生活がかえって悪化し、生活が破綻するおそれがあります。ヤミ金融業者を絶対に利用しないでください。
引用元:金融庁 給与ファクタリングに関する注意喚起

貸金業登録をして、給与ファクタリングサービスを提供している業者は少しずつ増えているようですが、トラブルも多いのも事実です。

むやみに利用しないようにしましょう。

無審査や激甘審査で借りられるローンは違法業者の可能性大

無審査や審査が甘く、すぐにでも借りられる業者から借りるローンは違法業者の可能性が高いです。

「審査なしで即日融資可能です」と書かれた広告を目にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

審査なしで融資は受けられません

審査なしで融資できるとうたっているのは、明らかに闇金業者です。

貸金業を営む者は、主たる営業所等の所在地を管轄する財務局長又は都道府県知事の登録を受けなければならないこととなっています。借入れをする場合には、当該業者の登録の有無を確認し、登録の確認ができない業者からは、絶対に借入れしないで下さい。
引用元:金融庁公式サイト

金融庁では、無登録の業者や登録番号を詐称している会社をWeb上で公表しています。

お金を借りたい気持ちが先走ってしまう気持ちもわかりますが、冷静に考えて闇金業者に手を出さないようにしましょう。

参考情報

金融庁公式サイト「登録貸金業者情報検索サービス」
https://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/

20万円~30万円借りたいときのおすすめ方法のまとめ

今回は、20万円~30万円のまとまったお金を借りたい時のおすすめをご紹介しました。

即日で20万円程度を借りたいなら、大手消費者金融がおすすめです。

大手消費者金融なら借りる期間によって無利息で利用できる会社も多くあるため、返済計画をきちんと立てている人はお得に借りられます。

一方、急いでお金を借りる必要がない人や低金利で借りたい人は、銀行のカードローンや目的ローンなどを利用しましょう。

いずれも、自分の目的に合ったお金の借り方を選ぶことが大切です。

また、審査がない融資は闇金業者です。

お金を借りるにはリスクが伴います。

リスクをしっかりと理解し、計画的な借り入れを心がけるようにしましょう。

※本記事はFIS-Money Knowledge-(ドメイン所有者:株式会社FISソリューションズ)と提携する企業のPR情報が含まれます。
※FIS-Money Knowledge-では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社、SMBCコンシューマーファイナンス社、アイフル社から委託を受け広告収益を得て運営しております。
※本記事で掲載する内容は一般的な情報提供を目的としており、ローン商品提供事業者との契約締結における代理や媒介、斡旋をするものではありません。
※本記事に掲載されているカードローン等のローン商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各金融機関へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※本記事は可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※金融商品のお申し込みはご自身で各金融機関のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。
※当社本メディアへのご意見やご指摘に関してはお問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。